普洪

   1 世界の果てと夢の続きに

 序 幼年期の終わり / 1 会議の前に / 2 会議の途中で / 3 会議の後は / 4 花と剣  / 5 遠い日の夢  / 6 揺り籠と子守唄  / 7 おいで、私の恋  / 8 空色舞歌  / 9 いとしさのありか / 10 あれこれそれ / 11 愛しいだけの恋なら  / 12 時となく何度でも / 終 今日と明日を明後日も! 

   2 あの夢の欠片へ

 雨月のごとく  / ひよこ日記 → ことり日和 / 乙女の祈り / 言結い  / その日、会議は戦と化した / 水恋 / 皆でお茶を / なんでもない日 / 遠くまで / ひかりのにわ  / 空色想歌 → 恋を知らない  → 白色奏歌 → 天秤を傾けたのは誰 / そうだ結婚しよう / 夢よ、花よ 

   3 世界の果てが終わるまで

 序 かすれて響いた哀の歌 / 1 朝がまた来る  / 2 太陽が沈んだら、月を見て  / 3 王の盾、王の剣  / 4 語り聞かせるたくさんの  / 5 マリア  / 6 世界の果て  / 7 静寂より白い朝  / 8 それは、喜びをこえた  / 9 光の宿り  / 10 祈りで奏でる愛の歌  / 終 その日、街角で


加英

   1 君を守り、君を愛するその為に。

 序 『   』 / 1 君を守り、君を愛するその為に。  / 2 夜明けは遥か  / 3 愛歌う口付け  / 4 楽園へは、まだ  / 5 夢描く場所 / 6 黄昏に遠くとも / 7 会議の朝に / 8 会議の昼は / 9 会議の夕べ / 終 そして、もう二度と

   2 恋が戻ったその日から

 1 晴れの日だから / 2 ないしょのおはなし / 3 恋をしたこと / 4 そして光の中へ  / 5 ひとつ夜をこえて / 6 思い出に還る / 7 あなたの傍にいたいだけ / 8 心にちいさな火が灯る / 9 触れたい / 10 春待ちの糸

   『国』とひと

 廻る、巡る  / 伶奏の水面


日ベラ

   落涙

 序 愴氷色の / 1 野薔薇咲く / 2 桜雨結う / 3 幽玄の糸 / 4 いとしいとしといふこころ / 5 胡慮と雨足 / 6 知らない  / 7 祈りの音 / 8 遠くへ / 終 平穏と恋を

 恋ぞ巡りて

日ベラアンソロジー『горячий Девушка』提出作品。二人が一緒に、一つの部屋へ帰ろうとする話。


蘭湾

   細い橋あるいて

 序 帆の影も見えない / 1 傍でなくとも / 2 いと遠く / 3  / 4 しのぶれど / 5 朝と夜と / 6 涙雨 / 7 今すぐ / 終 手紙に書くこと


仏ジャン

   その喪失にまつわるいくつもの



米ウク

   きっと、いつかは 

 米ウクメイン。日ベラもすこし。たびたび訪れてくるアメリカのことを、心待ちにしていることに気が付くウクライナ。――すれ違う二人の、まだすこしだけ、触れ合えない恋の話。

   神様の居場所

 米ウクアンソロ『L3』提出作品。付き合ってる二人。ウクライナを抱き締めるたびに感じる、ほんのすこしの表情の違和感。不思議に思ったアメリカはそれをイギリスに相談して……。


リトベラ

   白夜残響



小ネタ

   ワンシーンのみの話など。 

 S→R→S… …… 交わされたかも知れない手紙の話。神羅伊。
 日ベラ リトベラ 米ウク 香セ 加英


   special

お便りなど頂ければ幸いです → 【web拍手

   管理人

 二条空也
 主従と情景描写を愛する文字書き。
 memo / twitter
 OFFLINE
 他管理サイト

   リンク

 登録サーチ
 Kitayume Story Search
 Hetalia World Guide!
 素材
 Photo by Little Eden
 Graphic by web*citron
 Designed by klee