前へ / 戻る

 ふくらまされた頬、涙の浮かぶ瞳、つんと尖ったくちびる。やぁんやぁっ、とてしてし足先を床で打ち鳴らす姿はどこか子兎めいている。お前そんなことしたらまた足首痛めるぞと思いながら、寮長はソキからぎこちなく視線を外し、臓腑の底から溜息をついて天井を仰いだ。んもおおおっ、と半泣きで怒ってぐずる声が傍らから響く。
「りょうちょ! ソキはぁ、そのお手紙をちょうだいちょうだい? って言ってるんですよ?」
 はいっ、ほら、はやくはやくぅ、とばかり差し出されたちまこい両てのひらを見つめ、シルは意識のぐらつきを感じながらおまえいいかげんにしろよ、と呻いた。『花嫁』のおねだりは微かに魔術めいていて、従わねばならぬ、という強制力すら与えながら響く。それがどの『花嫁』であってもそうなのか、相手が予知魔術師という稀有で危険種指定されているものだからなのかの確証は持てず。お前ほんと保護者どもの傍にいないと碌なことしねぇなと呻き、寮長は額に指先を押し当てた。魔力を循環させると、僅かばかり意識が鮮明さを取り戻す。
「これはロゼアに来た手紙だろうが……。渡しに行くなら預けてやってもいいんだが。お前なんて言った……?」
「たいへんたいへんです! 女の子からのお手紙、です……! ソキは、こっそり。こっそりですよ? ぽいってしてくるです。ぽいです! だからぁ、りょうちょ? はやく、はやく、はやくぅ……! ロゼアちゃんが来ちゃうです、はやくはやくううう!」
「お前……! ロゼアに一回躾されなおしてこい……!」
 いやあぁああ寮長がソキにいじわるをするですうううっ、と涙目でぐずられて、シルは頭を抱えたい気持ちになった。気力を振り絞り、手紙を渡してしまいたくなっている己を叱咤しながら、平手でソキの頭をぱぁんっと叩く。教育的指導である。ソキは叩かれた頭にぱっと両手をあて、ぱちぱちぱち、となにが起きたのか理解できない様子で瞬きをした。二秒。火でも付けられたかのようにふやああぁああああっ、と泣き声をあげたソキの前に、寮長はしゃがみ込んで話しかける。涙がたっぷり浮かんだ瞳は、意地のように涙を頬に伝わせてはいなかった。
 涙ぐんだりぐずったりするだけで。それも本当にすぐするだけで。いざ泣く、というのはソキにはあまり見ないことだった。
「いいか、ソキ……。ひとの手紙を勝手にこっそり捨てようとするんじゃない、そしてひとを唆すんじゃない……!」
「りょうちょが、りょうちょがソキをひっぱたいたです……! ひどいことをされましたです……! ……ソキはあとでロリせんせに言いつけにいっちゃうです。りょうちょ、ソキをいじめう」
「自分に都合のいい所だけ要約して俺の女神にあれこれ吹きこむんじゃない……! あと! ああああもうしっかり発音しろって俺はこないだも! 言ったよなっ……? う、じゃないだろ、う、じゃ……! る。ら、り、る、れ、ろ。言ってみろ、ほら。……耳を手で塞ぐな……!」
 苛立ちが強制力を凌駕したのか、シルは手慣れた動きでソキに両手を伸ばし、ふわふわもちもち柔らかな頬を指先で摘んだ。なにをされるのか理解したソキがやあぁんと頭を左右に動かして抵抗するが、シルは微笑んで両頬を左右に引っ張った。教育的指導である。決して、柔らかくてよく伸びるから頻繁に引っ張りたくなっているとかそういうことではないのである。決して。
「ほーらほーら反省したかー? まったく、長期休暇は自分を駄目にする休暇じゃねぇんだぞ……?」
「やあぁあああほっぺ伸びちゃうですううう! ソキがのびちゃうですううう! たいへんなことですうううう! かわいくなくなっちゃうですううううう! やあああああやあぁああああいやああああああっ! やぁあんやぁああんやあぁーっ!」
「寮長」
 今日こそぶち殺すぞ、という微笑みで、シルの腕に手をかけたのはナリアンだった。走ってきたのか多少息切れを起こしながら、業火のような瞳で寮長を睨みつける。
「手を離してください切り刻みますよ」
「ソキが俺の言うことを聞いてハッキリ発音すれば俺だって折檻しないんだがな?」
「ソキはぁちゃぁああああんとっ、は、つ、お、ん! しています、で、す、ぅー! 寮長、はぁ、きっと、ソキに、いじわるさん。を、したぁい、だ、け、で、すぅー……。ナリアンくん。ソキのほっぺ、のびちゃったです? たいへんです……ソキかわいくなくなっちゃうかもです……」
 ふるりと体を震わせて怯えるソキに、しゃがみ込んだナリアンが視線を重ねてくれる。大丈夫だよ、ソキちゃん。大丈夫、大丈夫。花に触れていくその風のように優しく。淡く響く意思が、ソキの心を宥めて行く。
『ほっぺ、伸びてないよ。かわいいよ。だぁいじょうぶ。……ね? 不安なら、あとでロゼアにみてもらおうね。その間に俺は、これを切って埋めて処理してくるから! ……ああああやだほんっとにやだこんなのが俺の先生の想い人だなんていうことがもうほんとにやだロリエス先生はやく目をさましてください騙されてる……!』
「……ソキ、ロゼアちゃんの、かわいい? 大丈夫です?」
「うん。今日もソキちゃんは、ロゼアのかわいい、だよ」
 はああぁああ俺の妹ほんっとかわいいなかわいいなぁよし寮長を殺そうっ、とうきうき弾む笑顔で立ち上がり、ナリアンは腕をぐるぐると回しながら首を傾げてみせた。
『で、寮長? 死因はなにが良いですか?』
「お前その前にソキを叱れよ……! ロゼア宛ての手紙を勝手に捨ててくるからちょうだいとか言ったんだぞ?」
「やあぁあんりょうちょ! いっちゃだめええぇええっ!」
 寮長の腹を手でぺちんぺちん叩きながら怒るソキを抱き寄せるように離しながら、ナリアンは愕然とした目でシルを見つめた。たぶん本人は本気で怒って叩いてるのに痛くない所かくすぐったくてこそばゆくて可愛い感じがするとか砂漠の教育にまじ戦慄しかしねぇ、と口元を引きつらせながら腹あたりをさすりつつ、寮長が視線にふふんと笑い返す。
「なんだよ? ナリアン」
「寮長が……正しかった、だと……! ソキちゃん? それはだめだよ。いけないよ? どうしてそんなことしようとしたの……? ロゼアも、ソキちゃんがそんなことしたらいけない、っていうよ。かなしいよ。だめだよ」
「いやお前それ口に出してまで驚くことなのか……?」
 あっ、すみません話しかけないで頂けますか本当、と横顔に浮かばせながら寮長を無視して、ナリアンは涙目でぷくぷく頬をふくらませて拗ね怒るソキに、視線を重ねて囁きかけた。だって、だって、だってっ、とソキはちたぱた暴れながら、寮長がソキには絶対届かない高い棚の上に置いてしまった手紙を、じーっとくちびるを尖らせて睨みつける。
「女の子からのお手紙、です。ソキには分かっちゃったです。お屋敷からです。これはたいへんなことです……!」
『……大変なお知らせなら、ロゼアの手にちゃんと渡さなきゃだめでしょう? ソキちゃん』
「ぷ、ぷ、ぷぅ! ちぁうもん! あれ、あれはきっと、きっと、ろぜあちゃんのおみあいのおてぁみ、ですぅ……! おにいちゃんがそきをいじめぇうぅ……! うやあぁああああめえええ! ふにゃあぁあああっ!」
 棚の前でぴょっ、ぴょっ、と。本人的には恐らく飛び跳ねて手を伸ばしているつもりであろう、いっしょうけんめい背伸びっ、そりかえりっ、腕を伸ばしてぷるぷるぷるっ、としながらふるふる震えている姿をしみじみと眺め、ナリアンはううん、としばし眉を寄せて考え込んだ。
『ロゼアに……お見合いの手紙? って言ったのかな? ……いじめる?』
「解読が必要なほど発音がアレなことを怒れよナリアン。保護者だろ……?」
『あっ、話しかけないで頂けますか寮長』
 ほんと辞めて頂けますかほんとに心から、と真顔で嫌がるナリアンに笑い、寮長はがっと反抗期まっただ中の後輩の腕を掴んだ。触るなって言ってるだろうわあぁああんやだあああぁっ、とじったばた暴れるのにお前入学の時よりは元気になって可愛くなくなったよなぁと囁き落とし、寮長はんしょ、んしょっ、と無駄な抵抗を続けているソキをのんびりと見やった。
「見合いならいつものお前の兄から来るような書状で届くだろ? それは普通の手紙だ。シフィア、とかいう女からの」
「ぴっ……ぴゃあぁあああたいへんですううううたいへんですううううううっ! きゃうっ」
 せのびいいいそりかえりいいいっ、のしすぎで後ろにころんと倒れ込み、ソキはちたぱた両手足を動かしてむずがった。
「ロゼアちゃんはシフィアさんがすきすきですぅううう! ソキちゃぁんとしってるううううう! いやぁいやぁあああだめえええ……! ううぅ、うううぅう……ろぜあちゃ、ろぜあちゃがとられちゃう……そき、そき、ろぜあちゃのお傍にいたいです……ロゼアちゃんをとっちゃだめなの……」
「……うん?」
 ひょい、とソキを床から腕の中へ抱きあげ、ロゼアがよく分からない呟きで首を傾げる。
「どうしたんだよ、ソキ。なんのはなし?」
「……ぐずっ。ソキがロゼアちゃんのいちばん、かわいい、です?」
「うん。もちろん。……それで、なんの話をしてたの? 床にころんてなってたのはなんで?」
 ふにゃああああきゃあぁああんやぁああんろぜあちゃんがソキをいちばん、にかわいいっていったああぁっ、とふにゃふにゃ喜んで体をすり付け、首筋に腕を回してぎゅっと抱きつき。ソキははふん、と満足そうに息を吐き、すりすりすり、とロゼアの肩に頬をすりつけた。
「ロゼアちゃん。おかえりなさい。ぎゅぅは?」
「うん。ただいま、ソキ。ぎゅう? ぎゅうもして欲しいの?」
「ろぜあちゃん? そきはぁ、ぎゅぅ。して? て、いってるですよ?」
 はやくぅはやくう、と甘くとろけきったふあふあの声で幾度もねだられて、ロゼアはうん、と頷いた。ソキの体が腕の中から落ちてしまわないよう、ゆるやかに抱きなおし、指先でとんとんとん、と背を弾くようにやわり、撫でて行く。
「ソキの言う通りにしような。ぎゅう、しような。俺の質問に答えられたら、ソキが好きなだけぎゅってしような。……ソキ? なんの話をしてたのか、俺にちゃんと教えられる?」
 いやぁんロゼアちゃんがソキをぎゅうってしてくれないい、と悲しげな声でぷっと膨らまされた頬のまるみを、ロゼアは指の背でするすると撫でて行く。こつ、と額を重ねて。そーき、と降り積もる羽根のような声が回答を促した。んー、んんんー、とむずがりながら、ソキがのろのろとくちびるをひらく。
「ロゼアちゃんの……おてぁみのおはなしです……」
「俺の?」
「ソキは、ソキはころん、てしてたんじゃないです。ソキはいっしょうけんめ、ぴょん、をしてたんですよ。ぴょん、ですよお。ころん、てなっちゃっただけだもん。ソキはロゼアちゃんのおてがみを、りょうちょがたなのうえにおいちゃたですから、いじわるさんをされてたです。そきはいっしょけんめ、ぴょん、ておてがみをほしいほしいしてたです。そきはがんばったです」
 ナリアンのように考え込むこともなく、あっさりと、内容を完全に理解している表情で、ロゼアがそっか、と頷いた。じゃあぎゅうしような、とロゼアの腕がソキに回り、その腕にやんわりと閉じ込められる。ふにゃあぁきゃあぁあんっ、と幸せで嬉しくてとろけきったはちみつみたいな声でソキがきゃあきゃあはしゃぐのを横目に、寮長が頭を抱えて場にうずくまる。
「あああアイツ……! ほんっと自分の良いように編集して要約しやがった……!」
『ソキちゃんの良い所は、嘘はついてない所です。寮長』
「甘やかすなっつってんだろうがこの! 駄保護者どもっ……!」
 きりっとした顔で言い添えてくるナリアンを叱り、寮長は己ですらちょっと背伸びをしないと手が届かない位置に避けておいた、ロゼアあての手紙を手にとった。そのままロゼアに歩んでいくと、気がついたソキがあああああっと声をあげて両手を伸ばしてくる。
「りょうちょ! おてぁみ! ちょうだいちょうだいです!」
「ロゼア。お前にだ」
「はい。ありがとうございます。……ソキ? じゃあ、受け取ってくれるか?」
 腕の中でもぞもぞじたばたしながら手紙を欲しがるソキに、危ないだろ、と告げながらロゼアはそう囁いた。にこぉっ、と満面の笑みではいっと手を差し出すソキに、寮長は諦め感いっぱいの顔つきで封書を落とし、溜息をつく。
「ロゼア。いいからお前……ソキの教育と躾をしなおせ。な?」
「え。なにか問題でも?」
「……せめてちゃんと話させろ。いいな?」
 俺の目には問題しかないように思えるが今日はもういい、と疲れた顔つきで、寮長はソキとロゼアから離れて行った。なんだったんだ、と首を傾げながらロゼアがソキに目を落とすと、『花嫁』はうきうきした笑顔で、受け取った手紙をしろうさぎちゃんリュックにしまおうとしている所だった。これはソキがお受け取りしたからソキのですっ、と言わんばかりのぴかぴかの笑みに、ロゼアはふっと微笑んで囁きかける。
「……そき?」
「ふにゃ? はい、なんですか? ロゼアちゃん」
「お手紙。俺のだよ。ちょうだい」
 ソキは満面の笑みで、ロゼアの言うことが聞こえなかったふりをした。んしょんしょ、んしょ、とリュックにまたしまおうとするので、ロゼアはソキの首筋を指先でくすぐる。きゃぁあんやんやんろぜあちゃんがこしょってしたぁっ、とくすぐったそうに身をよじって笑うソキを、やんわりと抱きなおして歩き出す。談話室の隅、窓の近く。机を挟んで向かい合わせにソファが置かれた定位置では、メーシャが辞書と教本を積みあげ課題に取り組んでいる最中だった。いつの間にか、寮長をとり逃したとガッカリしているナリアンもそこにいて、てきぱきと茶菓子を並べて休憩の準備を整えている。メーシャくん、ちょっと休もうよ。ストル先生に聞きに行っても怒られないよ、ね、と慰めているのと向かい合わせの定位置に、ロゼアはソキを抱いたまま腰を下ろした。
 はふー、と満足げな息を吐いてソキはロゼアにぺったり体をくっつけている。その髪を二度、三度撫で梳いて。ロゼアはソキ、と囁き、顔をあげたその頬に両手を伸ばした。てのひらで、滑らかな肌を包み込む。きゃぁぅーっ、と甘くほわほわした声でくすぐったげに笑うソキの瞳を、そっと覗き込んで。ロゼアはふ、と笑みを深めた。
「ソキ。俺のお手紙は?」
「ろぜあちゃ? おてぁみはぁ、そきがもらたです」
 えへへん、と胸を張るソキに、ロゼアはそっか、と頷き。ソキの頬を両手でふにふにと押しつぶした。幼い頃から、ソキが一番嫌がる折檻方法である。すぐに、ぴゃっ、と悲鳴じみた鳴き声をあげ、やんやんやんと首が振られた。
「いやぁいやぁ! ほっぺむにむにしちゃだめぇ……! だめなんですよぉやんやんですううういやあぁああいやあぁああああソキはいやっていってるですうううう!」
「そーき。手紙は? 俺のだろ? 俺のをソキのにしたらだめだろ?」
「びゃあぁあああやぁああんやぁあああんやんやぁー! ろぜあちゃがそきにいじわるさんをするですうぅー! そきがつぶれちゃうですううう! つぶれたらかわいくなくなっちゃうですううううたいへんなことですううううう! ふにゃぁあああやぁあああぁあうやあぁあんやぁんやぁああっ!」
 事情が分からない為だろう。眉を寄せたメーシャがロゼア、と呼びかけようとするのに、ナリアンが苦笑して説明を囁いている。なるほど、と頷いたメーシャがそれはソキがいけないよね、と囁くのと同時、ロゼアはちたぱた暴れるソキから、ぱっとばかり手を離した。ぜい、ぜい、息を切らしてぐずぐずとむずがるソキを抱きなおし、背をぽんぽんぽん、と叩いて落ち着かせる。
「よしよし。……と、メーシャ、悪いけど」
「うん。ソキのお茶は……これかな? ぬるめ」
 心得た動きでメーシャが身を乗り出し、なまぬるい香草茶の陶杯をロゼアの手に握らせた。ありがとう、と渡してくれたメーシャと、用意をしておいてくれたナリアンに順番に微笑みかけたのち、ロゼアはぷうううううっ、と頬をふくらませるソキのくちびるに陶杯を触れさせた。うやんふにゃん、とむずがられるのを宥めてお茶をこくん、とひとくち飲ませ、ロゼアはこつ、とソキの額に己のそれを重ね合わせた。
「ソキ? お手紙は俺に来たのだろ」
「……ソキはつぶされちゃったです。かわいくなくなちゃたかもです。これはたいへんなことです……ロゼアちゃんのかわいいじゃなくなっちゃう……。そんなのやです……。ソキはやですって言ったのに、ロゼアちゃんはソキをむにむにしたです。ひどいことをされましたです……」
 拗ねきった顔でくちびるを尖らせるソキに、そんなことないよ可愛いよ、と微笑んで。ロゼアはよしよし、とソキの頬を手で撫でてやった。
「おしおきやだな、ソキ。じゃあ、どうすればいいか分かるだろ? 教えたよな」
「……そきは……そきはろぜあちゃにごめんなさいをすぅです……。ううぅ、うううぅ……ロゼアちゃん、ごめんなさいです……。おてがみは、ロゼアちゃんの、でした。しょうがないのでソキはおてがみをあげます……」
 今ひとつ理解していない感たっぷりの上から目線でしょんぼりと呟き、ソキはリュックに中途半端にしまい込んでいた手紙を、しおしおとちからなくロゼアに向かって差し出した。ん、良い子だな、と褒めながら手紙を受け取ったロゼアを、ソキはじいぃっと見つめて頬をふくらませた。
「ぷぷぅ。……ねえねえ、ロゼアちゃん? ねえねえ、ねえねえ」
「うん? なに、ソキ」
「シフィアさんのおてがみ、嬉しいです……? ……ソキは、そきはしっていますです……ロゼアちゃんは、シフィアさんが、すきすきなんです……。うぅ、うー……! ……ソキも、ソキもロゼアちゃんにおてがみを書くです。ロゼアちゃん! ソキからおてぁみ、もらたら、うれし?」
 慌ててはやくちでふあふあな声に、ロゼアはふわりと微笑んでうん、と頷いた。よし、となにやら気合いを入れているソキを片手で撫でながら器用に手紙を開封し、ロゼアはそこへざっと視線を走らせる。ややあって。ほぅ、と安堵した息を吐きだしたロゼアの両腕が、膝の上でくつろぐソキに回される。すっかりナリアンとメーシャとのお茶会に気持ちを切り替えていたソキは、ころん、転がるようにしてロゼアの胸に体をくっつけた。ふにゃぁん、とのんびりとした声で首をひねるソキをやわりと抱き寄せ、ロゼアは深く、深く安堵の息を吐きだした。
「……会えたって、ソキ。シフィアさん、ウィッシュさまと会えたんだって……よかった……」
「えっ……よかった、なんです……? ロゼアちゃんの、んと、んと……ご用事の、お手紙じゃ、ないの……?」
「ん? 俺に、ウィッシュさまと会えたよって教えてくれたお手紙だよ。よかった……。シフィアさんも、もう」
 はなれないで、いいんだ。幼い願いを叶えるような。どこかあどけなく崩れた声に、ソキはロゼアの腕の中でぱちぱちと瞬きをした。ぎゅ、とほんのわずか、普段より、抱き寄せてくれるロゼアの腕に力が込められているような気がした。んん、と眉を寄せて、ソキはなんだか泣きそうな気持ちで口を開く。ロゼアちゃん。ん、と答える声が耳をくすぐって、ソキはくてん、と体の力を抜きながら問いかけた。
「もし……もしもですよ。もし、ソキが、どこか……遠くに、行って、それで……んと、んと……それで、でも、ロゼアちゃんにいっぱい、会いたくなっちゃって、がまんできなくて……おにいちゃんみたいに、会いに来たら、ロゼアちゃんは、うれしい……です……?」
「……ソキはどこか行きたい?」
 ぎゅ、と抱きしめてくれる腕の中で。ソキはふるふる、と首を振った。行かなければいけない、とずっと思っているけれど。行きたい、と思ったことなんて一度もない。そうじゃないんですけどぉ、と半泣き声でぐずるソキに、ロゼアはんー、と考える声を響かせた。
「ソキが遠くに行きたいなら、俺も行くよ。観光しような。……行きたくないなら行かないでいいんだよ、ソキ。がまんなんてしなくて良いんだ。だから、会いに来るなんて、ないよ。ずっと一緒にいるんだから。……ずっとずっと、一緒にいていいんだ」
「ソキはなんか、こないだから時々そんなこと言うね……?」
 ううん、と不思議そうに瞬きをして、メーシャがビスケットを食みながら首を傾げる。
「こういうの、なんていうんだっけ……えっと。ええっと……あ、そうだ。あれかな、反抗期」
『反抗期……! え、ソキちゃん反抗期だったの……? やめなよ……ロゼアがかわいそうだよ……』
 もしくは独立宣言じゃないかなこれ、やめなよおおおおおロゼアがかわいそうだよおおおおっ、と騒ぐメーシャとナリアンを見比べて。ソキはぷぷぷーぷぷ、と頬を膨らませて、ちぁうもん、とふあふあした声で怒った。



 寝る前に。お手紙できたです、ともじもじしながら差し出された紙に。

『ロゼアちゃんへ。
 ぎゅってしてなでなでして? ソキより』

 そう書かれていたので。ロゼアは微笑んでソキを抱き上げ、ぎゅう、と抱き締めて寝台に横になった。きゃあきゃあすり寄ってくるソキの髪を撫でていると、うとうと、くてん、と『花嫁』はすぐ眠りに落ちてしまう。くぅ、く、すぴ、と寝息を響かせるソキを腕の中に閉じ込めて、ロゼアは満ちた息を吐きだした。眠気にあくびをすると、ソキのちいさな手がロゼアの服をぎゅ、と掴んでいるのを見つけて笑みが零れる。指先で手の甲を何度も撫でて。至福に、ロゼアはゆるく瞼を下ろした。

前へ / 戻る / 次:ソキの! 教えて? リボンちゃん。

 ←Web拍手ボタン。ぱちっと押して応援できます。


 <お話読んだよ!ツイートボタン。ツイッターで読書報告できます。